賃貸物件にはどんな条件があるの?

普通借家契約と定期借家契約の違いを知る


法改正により新しく登場した定期借家契約は、従来型との普通借家契約とは異なり、原則として契約更新が無い期間限定の賃貸借契約です。更新が無い代わりに貸主と借主双方が合意した場合に限り、再契約が可能となっているので、利用方法によっては互いに納得出来る契約方法となるかもしれません。借地借家法で定められた借主の強力な保護が一部制限される代わりに、問題有る他の部屋の入居者を再契約せずに退去させることが出来るので、再契約を続けて住む人にとっては良い環境が生まれるでしょう。しかし、長く最初から住もうと考えた場合には、定期借家契約を結ぶと再契約が出来なくなる可能性があるので注意が必要です。オーナーチェンジが発生した時など、定期借家契約は保護が弱いので、定期借家契約を最初から除いて部屋探しを行なう人も少なくありません。


サブリースは転貸契約ならではの制限がある


不動産屋で紹介される部屋の中には、サブリース物件が含まれていることがあります。一般的な普通賃貸借契約とは異なり、オーナーは不動産会社と賃貸借契約を結んでいて、入居者は不動産会社との間で転貸契約を結ぶことになるわけです。サブリース物件を契約することは、オーナーから不動産会社が借りた部屋を入居者が又貸しにより住んでいることになるので、サブリースを運営する不動産会社が倒産すると部屋を突然追い出されるリスクがあります。借地借家法で保護される借り手は、不動産屋であって入居者は十分な保護を受けられません。その代わり、不動産会社から直接借りることが出来るので仲介者がいないために仲介手数料が掛からず、初期費用を抑えることが出来ます。